未分類

B型肝炎について

B型肝炎は、体液や血液などによって感染するもの。性交渉が原因である場合もありますし、刺青やピアスなどが原因で感染することもあります。針によってウィルスに感染してしまうことがあるのです。また、唾液によって感染することもありますので、歯ブラシを共用したりキスをしたりする時も注意が必要です。また、輸血や臓器移植、血液製剤などによって感染してしまうこともあります。

この他にも、母子感染によって感染することもあります。B型肝炎ウィルスを持っている母親から生まれる際に感染したり、子宮内や産道で感染したりすることもあります。これらを、「垂直感染」と呼びます。また、B型肝炎には「一過性感染」と呼ばれるその名の通り一過性のものと、「持続感染」と呼ばれる一生続くものとがあります。母子感染の場合は、持続感染しやすいといった特徴もあります。母子感染した場合、そのおよそ9割が持続感染になりやすいと言われています。

B型肝炎を発症すると、風邪のような症状が現れることが多く、気付かれずにそのままにしてしまう方もいるとのこと。嘔吐や吐き気、発熱、倦怠感などが見られます。そうしている内に、中にはおしっこの色が茶褐色になったり、黄疸が現れてきたりする人も出てきます。B型肝炎のキャリアは、現在およそ150万人いると言われています。ここでは、B型肝炎について紹介します。母子感染について詳しく紹介しますので、是非参考にしてみてください。