Browse Author by admin
未分類

母子感染と給付金

母子感染によるB型肝炎の場合、給付金が支給されることがあります。母親が満7歳までに、集団予防接種などを受けており、注射器の連続使用が行われていて、これによってB型肝炎ウイルスに持続感染した場合(但し、母子感染や他の感染が考えられないこと)。この条件を満たした母親から、母子感染してB型肝炎(持続感染のみ)した場合がその対象となります。また、母子感染者から、さらに母子感染した人も、現在は給付金支給の対象となっています

症状によって支給金額は異なっています。死亡した方、肝ガンや重度の肝硬変の方は、発症後20年以上経過している場合は900万円の支給。20年を経過していない方は、3600万円となっています。軽度の肝硬変の場合であっても、20年を経過しており治療歴がない方は300万円。20年を経過していて治療歴がある方は600万円。20年を経過していない方は、2500万円が支給されます。この他にも、それぞれの症状によって支給額が決められています。

まずは、必要な書類などを用意します。次に、国家賠償請求訴訟を提起。和解手続きを行うことなります。和解までは、早くとも半年は必要になると思っていて良いでしょう。給付金の支給対象者であると認定されたら、和解調書を提出し給付金を支給してもらえることとなります。

参照HP:スター綜合法律事務所


未分類

母子感染について

B型肝炎の感染ルートの一つである母子感染。これは、出産時にB型肝炎ウィルスを持っている母親から赤ちゃんに感染してしまうものです。B型肝炎に感染しているかどうか調べる為には、血液検査を行うことになります。子の検査で「HBs抗原」があるかどうかを確認。陽性反応が出た場合は、B型肝炎に感染しているということになります。そして、HBe抗原とHBe抗体について調べます。陰性だった場合は、B型肝炎にである可能性が極めて低いという結果になります。この検査は、ほとんどの医療機関で可能になっています。

初めて妊娠した方は、必ず検査するようにしましょう。それは、自分だけでなくお腹の中の赤ちゃんを守ることにも繋がります。また、B型肝炎を防ぐ為には、ワクチンが有効だとされています。ワクチン接種は、若ければ若い程良い免疫応答を得ることができるとのこと。出生後できるだけ早めに、HBワクチン0.25mlとHBV免疫グロブリン1mlを用いて対応。その後、1か月ごと6か月後にHBワクチン0.25mlを摂取することになっています。

現在は、こういった様々な努力のかいもあってか、母子感染はほとんどない状態です。反対に、性交渉などによる感染が増えてきているようです。


未分類

B型肝炎について

B型肝炎は、体液や血液などによって感染するもの。性交渉が原因である場合もありますし、刺青やピアスなどが原因で感染することもあります。針によってウィルスに感染してしまうことがあるのです。また、唾液によって感染することもありますので、歯ブラシを共用したりキスをしたりする時も注意が必要です。また、輸血や臓器移植、血液製剤などによって感染してしまうこともあります。

この他にも、母子感染によって感染することもあります。B型肝炎ウィルスを持っている母親から生まれる際に感染したり、子宮内や産道で感染したりすることもあります。これらを、「垂直感染」と呼びます。また、B型肝炎には「一過性感染」と呼ばれるその名の通り一過性のものと、「持続感染」と呼ばれる一生続くものとがあります。母子感染の場合は、持続感染しやすいといった特徴もあります。母子感染した場合、そのおよそ9割が持続感染になりやすいと言われています。

B型肝炎を発症すると、風邪のような症状が現れることが多く、気付かれずにそのままにしてしまう方もいるとのこと。嘔吐や吐き気、発熱、倦怠感などが見られます。そうしている内に、中にはおしっこの色が茶褐色になったり、黄疸が現れてきたりする人も出てきます。B型肝炎のキャリアは、現在およそ150万人いると言われています。ここでは、B型肝炎について紹介します。母子感染について詳しく紹介しますので、是非参考にしてみてください。